あご・口元のニキビ対策

あごのニキビは、大人ニキビによく見られます。
原因は、外的刺激によるものと、ホルモンバランスの崩れによる内的なものがあります。

あごから首にかけては、男性でいえばヒゲの生える部分です。
このため、男性ホルモンの分泌が活発で、他の部位に比べて皮脂量が多いのです。
しかし、思春期にあごニキビがあまり見られないことから、大人ニキビ特有のものと言われています。

女性の場合は、ストレスなどによりホルモンバランスが乱れて、
男性ホルモンが優位になっていることが考えられます。
あごのニキビは治りにくいことが多いので、洗顔・保湿で日頃のケアをしっかりすることと、
ストレスを上手に発散してホルモンのバランスを取り戻すことが必要です。
また、「なかなか治らない」ことがストレスになりやすいので、気長に治すつもりで取り組みましょう。

口元ニキビの場合は、逆に乾燥が原因のことが多いようです。
口の周りは皮脂腺が少ないので、もともと乾燥しやすいだけでなく、
シェーバーなどで産毛を剃ることが刺激となってニキビができることがあります。

また、口元のニキビは消化器系の不調のバロメーターとされています。
暴飲暴食や偏った食事、不規則な食事を続けていると、
胃腸が弱って口周りにニキビができると言われているのです。
このため、口元のニキビは、洗顔・保湿といった外側からのケアだけでなく、
食生活を見直して改善することが重要とされています。

その他の対策としては、やはりビタミンがもっとも有効です。
特にビタミンB6・B2は、肌の抵抗力を高めたり、新陳代謝を促進するので、積極的に摂りましょう。

口元のニキビは目立つ上に、気になりますから、無意識のうちに触ったりしてしまうもの。
でも、指や口周りの雑菌が入って悪化することもあります。気をつけましょう。
口を拭くときも、力を入れないで押さえるようにしてくださいね。

あごと口元は、近い位置でありながら皮脂量もニキビのできる原因も異なります。
その分、同時にできることは少ないので、それぞれの部位に合ったケアを心がけてください。

 

髪で隠しがちな、おでこニキビ

おでこニキビは、大人よりも思春期に多いと言われています。
皮脂分泌の活発な部分であることから、ホルモンバランスの乱れの影響を受けやすいのです。

 

髪の毛

最近は目の上ぎりぎりで切りそろえて、厚めに作ったバング(前髪)が流行っていますよね。
日本人形のようで可愛いのですが、おでこの皮膚にはあまり優しくありません。
髪の毛で蒸れやすくなり、汗をかいてそのままにしておくと細菌が繁殖しやすくなります。

また、髪の毛が触れて刺激になること。
スタイリング剤やシャンプーの洗い流し不足などがニキビの原因になることもあるのです。
おでこにできたニキビを隠そうとして、前髪を長くすると、さらに悪化させてしまうことも。

ヘアスタイルが気に入っている、オシャレしたいという気持ちは大切です。
でも、前髪を上げたら「おでこ一面ニキビだらけ」では台無しでしょう。
せめて家にいるときは、前髪を上げたり分けたりして、
おでこの通気性を確保してあげてはいかがでしょうか。

 

ファンデ

20代から30代女性の場合は、ストレスからホルモンバランスが崩れ、
皮脂分泌が過剰になることからニキビができやすくなります。
このときテカリや毛穴の開きををカバーしようと、ファンデーションを厚塗りしてしまうと
毛穴が詰まりやすくなります。
クレンジングや洗顔で汚れをしっかり取り除くようにしましょう。

 

ケア

すべてのニキビに有効なケアと言えばやはり洗顔です。
しかし、おでこの場合、脂っぽいのが気になって、つい力を入れてしまいがち。
ニキビのできているときは特に、刺激を与えないようにしましょう。
熱いお湯や、洗浄力の強すぎる洗顔料も皮脂が取れ過ぎてしまうので、注意が必要です。

あと、シャンプーも重要です。
若い人に多いのですが、
香りを残そうとしてコンディショナーやトリートメントを充分流さないでおくと、
成分の残った髪が、おでこや頬に触れて肌が荒れることがあります。
おでこの生え際にもすすぎ残しのないよう、しっかり流しましょう。

いちばん気になる?頬ニキビ

頬は面積が広いため、ニキビができると目立って気になりますよね。
過剰な皮脂分泌や食生活の偏りといった内的要因の他にも、手で触ったり、かいたりすること、
男性の場合はヒゲ剃りといった外的要因も考えられます。

また、意外かもしれませんが、シーツや枕のすれや汚れがニキビを悪化させることがあります。
洗顔で皮脂汚れを落とし、保湿ケアをしっかりしても、
そのあと肌に触れる寝具が汚れていたのでは台無しです。
こまめに交換しましょう。
特に、枕カバーは毎日換えた方がいいくらいなのです。

 

これはダメ!

頬のニキビは炎症を起こして赤ニキビになることが多く、
特に皮脂分泌の活発な10代の男女では、
瘢痕を残すほど悪化することもめずらしくありません。

赤ニキビがたくさんできると、ほおや、時には顔全体がベッタリと赤く見えて、
見た目もよくないわけですが、気になるからと、
ニキビの芯を潰して出してしまったとしても、炎症部分の赤みは残ります。

適切なケアをすれば、徐々に治まっていくものです。
ただ、新たに雑菌が繁殖して、さらに悪化させることもあります。
赤ニキビになったら絶対に自分で潰さないようにしましょう。

 

女性の場合

「ニキビが気になってメイクもできない」「人に会うのもイヤ」
と物事すべてに対して消極的になってしまうこともよくあります。
そうならないためにも、早めのケアが必要です。

ニキビはほとんどの場合、1個だけできることはありません。
1か所にいくつかできたり、ぽつぽつとあちらこちらにできたりと、複数出てくるのが普通です。
これは、肌自体がニキビのできやすい状態になっているということ。
まずは洗顔で毛穴の皮脂汚れを落とし、しっかりと水分補給をして皮脂バランスを整えましょう。

白ニキビや黒ニキビのうちなら、適切なケアでほぼ治すことができます。
ただし、この場合も無理に角栓を押し出すのはよくありません。

また、頬のニキビには、特に抗炎症効果のあるビタミンCが有効と言われています。
果物や野菜、サプリメントなどで補給するとよいでしょう。

男性に多い、鼻周辺のニキビ

鼻は顔の中でも皮脂分泌の活発な部位です。
毛穴の数もいちばん多く、他の部位の約7倍あると言われています。
毛穴自体は大きいので、本来なら皮脂詰まりが起こりにくいはずなのですが、
ケアを怠ったり、女性の場合はメイク落としが充分でないと、やはり毛穴が詰まってしまいます。

こうしたもともとの条件に、紫外線や外的な刺激を受けやすいことが合わさって、鼻ニキビができるのです。
特に、思春期の男性は、ホルモンバランスの乱れから鼻や鼻周辺のニキビができやすく、
ニキビ跡がえぐれてクレーター肌になるほど悪化することもあります。
女性の場合も、ストレスや生理の周期によって男性ホルモンが優位になり、
皮脂分泌が過剰になるので注意が必要です。

皮脂分泌が過剰になると当然角栓(コメド)もできやすくなります。
角栓の頭が酸化して黒くなった「イチゴ鼻」や、鼻の頭や小鼻にできた白い角栓は目立つし、気になりますよね。
そこでつい手でいじってしまったり、爪や毛抜きで押し出してしまいたくなりますが、これは厳禁です。
手や爪には雑菌がたくさんついています。

また、無理やり角栓を取ってしまうと毛穴はポッカリ開いたままになってしまいます。
そんな状態の毛穴に雑菌が入り込めばどうなるでしょうか?

炎症を起こして赤ニキビになったり、ひどい場合は化膿して黄色ニキビになってしまいます。
角栓は洗顔で取り除くようにし、もし潰れてしまったら消毒をしておきましょう。

鼻や鼻周辺のニキビは、紫外線や鼻をかむこと、
男性の場合はヒゲ剃りなどの刺激、睡眠不足や食生活の偏りなどによる
ビタミン不足や内臓の不調も関係していると言われます。

他の部位より毛穴が大きい分、ニキビも大きくなりやすいので、
毛穴のケアと同時に生活習慣の見直しや、自分のクセ(鼻をいじる、こするなど)にも気をつけてみましょう。

意外なのがマスクです。
最近は、風邪やインフルエンザ予防のために普段からマスクをしている人もいますが、
蒸れることやマスクがすれることが肌への刺激となり、ニキビになることがあります。
もちろん、ニキビを隠そうとしてマスクをするのは、さらにオススメできません!