毎月ゆううつ・・・「生理前ニキビ」

普段はニキビとは無縁なのに、生理前になるとできてくる、
あるいはニキビがあるけれど生理前には悪化する…こんな症状に悩まされていませんか?

程度に差はあるかもしれませんが、生理前のニキビや肌荒れがあるという人は多く見られます。
どこにその理由はあるのでしょう?

排卵から生理が始まるまでを黄体期といいます。
このとき、受精卵の着床準備のために女性ホルモンの一種である黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。
プロゲステロンは妊娠を促進・安定させる働きがあり、子宮内膜を肥厚させるのです。
しかし、妊娠が起こらなければ不要になった子宮内膜ははがれて排出されて、生理となります。

このように、女性の体において重要な役目を果たしているプロゲステロンですが、
それだけでなく、実は生理前のニキビにも大いに関係があるのです。

プロゲステロンは構造が男性ホルモンに似ています。
男性ホルモンと言えば、皮脂分泌を促す作用があるのはご存知ですよね?
プロゲステロンも同様に、皮脂分泌を活発化させるためにニキビができやすくなったり、普段より悪化しやすくなるのです。

また、排卵から生理前の期間は、女性の体は高温期といって基礎体温が少し高くなるので、
体内に熱がこもりやすく、ニキビができやすい状態です。
この時期は、ニキビでなくても肌がほてって赤みやかゆみを感じることがあります。
「生理前の肌荒れ」の原因ですね。

こうした症状は、生理が始まると治まってきます。
とはいえ、毎月のこととなるとゆううつですよね。
気にすることがストレスとなって、さらにニキビを誘発することになっては困ります。

原因がわかっても、ホルモンのせいならどうしようもないのでは?
と思うかもしれませんが、肌が正常に機能していれば、実はこうした症状は起こりにくいのです。
血行不良や、胃腸の働きが低下することで、体のバランスがくずれると皮膚のターンオーバーにも影響が表れます。
言い換えれば、生理前のニキビや肌荒れも、体の中に本当の原因があるということ。
食生活や、適度な運動など、生活習慣を見直すことで改善できる可能性があるのです。

ストレスがニキビを作る?

すっかり日常的に使われる言葉として定着した、「ストレス」。

もともとは「物体に圧力を加えることで生じる歪み」を意味する物理学用語です。
最近では心や体のバランスが崩れた状態や、その原因となる外的・内的刺激を表すのに使われることが多くなっています。

現代は「ストレス社会」。
性別や年代に関係なく、何らかのストレスを感じている人がほとんどではないでしょうか。
特に、20代から30代にかけての女性は、結婚や妊娠出産のために生活環境がガラリと変わったり、
仕事が忙しくて生活が乱れがちになったりと、ストレスを蓄積しやすい世代です。
うまく発散することができればいいのですが、ためこみすぎてある日突然爆発したり、体や心に深刻な影響が出ることもあります。

このストレスの産物として代表的な症状の一つが、ニキビです。
ストレスニキビは「大人ニキビ」とも言われています。
思春期にできるものとは性質が異なるため、治りにくい、いまいましい存在です。
でも、このストレスニキビ、実は
人間の体に備わった、自己防衛本能の結果であると言われたらどうでしょう?
驚きですよね。

人間の脳は、継続的にストレスを感じると、対抗するために副腎皮質ホルモンを分泌します。
このとき、同時に分泌される男性ホルモンの働きにより、皮脂量が増加。
男性ホルモンは角質を肥厚化させるため、毛穴がつまりやすくなります。

結果、ニキビができやすくなってしまうのですが、
ストレスの原因となるものを取り除かないと、根本的な治療にはなりません。
薬を使って一時的によくなったとしても、同じ場所に繰り返しできる、という状態になりやすいのです。

確かに厄介なものですが、これは自分の体をストレスから守ろうとして起こる自衛作用です。
治りにくいニキビができるということは、体や心がストレスを受けて弱っているサインだと思ってください。
自分の生活習慣や食生活を見直したり、ストレス解消法を探してみたりするきっかけになるかもしれませんよ。