敏感肌のニキビ対策はどうしたらよい?

皮脂量と水分量から分類する肌質とは別になる、敏感肌。
化粧品や金属、ホコリなど、外部からのわずかな刺激にも反応してしまうため、トラブルを起こしやすいといえるでしょう。

敏感肌は、バリアレススキンとも呼ばれ、肌のバリア機能が低下しています。
角質層が極端に乾燥していたり、荒れていたりすると、紫外線やホコリ、冷暖房などの刺激で
タンパク質を壊す酵素が発生して肌荒れになってしまいます。

これにより、かゆみやひりつきを感じ、掻いてしまうと
今度は「炎症性サイトカイン」という物質ができて、肌に炎症を起こすのです。
こうした症状は、アレルギーを持っている人によく見られる傾向があります。

敏感肌だと思っていたら、アレルギーだったというケースもあるのです。
肌質というより、体質に原因があることが多いので、
自分がどのような物質に反応しやすいのか調べて、それを避けることも必要です。
皮膚科でパッチテストなどをしてもらうと、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)をチェックできます。

こうした敏感肌でも、ニキビができることがあります。
乾燥肌と同様に、角質の肥厚化、ターンオーバーの乱れによって、毛穴がつまりやすくなります。
注意が必要です。

とはいえ、敏感肌の人は、極端に乾燥していることが多いので、普通の化粧品がしみたり、刺激が強すぎることがあります。
ひどいときには、化粧品の刺激でかぶれたりすることも。
敏感肌用のスキンケアラインを使った方がよいでしょう。

洗顔の際は、脱脂力が弱めで低刺激の洗顔料をしっかり泡立てて、やさしく行います。
洗い流すときは、ぬるま湯で充分にすすぎます。
タオルで水分をふき取るときも、こすらないようにしましょう。

ニキビケアのためには清潔第一と考えて、洗顔をしすぎると脂性肌の人でも乾燥してしまうことがあります。
敏感肌の人ならなおさらです。
洗顔料を使うのは夜一回だけにして、朝はぬるま湯ですすぐだけでも十分かもしれません。

また、保湿は何よりも重要です。
少量ずつ、丁寧に重ねるように化粧水を入れ込みましょう。
こすったり一度にたくさんつけるのは厳禁です。
水分を補給したあとは、美容液や乳液でしっかりフタをして蒸発を防ぎましょう。

 

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?

乾燥肌は、角質層の水分量は10%未満、皮脂量も不足しがちなタイプです。
肌の新陳代謝も鈍いという特徴があります。
そして、血行がよくないため、顔色が悪かったり、くすみがある人も多いようです。
また、外部からの刺激に弱く、かゆみを感じたり、粉をふいたように見えることもあります。

乾燥肌の原因は主に3つあります。
まず、皮脂量の低下により、肌を保護する皮脂膜が充分形成できないこと。
そのため水分の蒸発を防ぐことができず、乾燥につながるのです。
皮脂量は、女性の場合20代でピークを迎え、以後は減少していきます。
特に目のまわりや口元は皮脂腺が少ないため、乾燥が目立ちやすくなります。

次に、天然保湿成分(NMF)の低下が挙げられます。
NMFは、角質細胞内に存在し、水分を保持する性質を持っています。
この働かきにより、水分が一定に保たれるのです。
ただ、NMFは、加齢や紫外線、睡眠不足などで低下してしまいます。

最後は、角質細胞間脂質の減少です。
この角質細胞間脂質は、セラミドが大部分を占め、その名のとおり角質細胞の間を埋めています。
他の脂質とセラミドがラメラ構造(立体構造)を形成し、高い保水力を持っています。
この角質細胞間脂質が減少すると、角質細胞がすき間だらけになり、肌のバリア機能が損なわれるのです。

ニキビにはなりにくい印象を与える乾燥肌ですが、決してそのようなことはありません。
水分が不足して乾燥した角質層は、硬く肥厚化しやすくなります。
同時に毛穴も細くなってしまい、皮脂の排出がスムーズにできなくなります。
そのため、少量の皮脂でも毛穴詰まりを起こしてしまうのです。
そうなると、ニキビができやすくなります。なので、肌質に関係はありません。

乾燥肌には何といっても水分補給が必須です。
セラミド配合などの保水力の高い化粧水を使うのがよいでしょう。
化粧水をつけるときは、ハンドプレスがオススメです。
少量ずつ、繰り返し押し込み、水分の層を作るようなイメージで、手のひらが吸いつくくらいを目安にしてください。

また、皮脂が足りないからと、油分の高いクリームなどを使うのは避けた方がいいでしょう。
肌の水分量が整ってくると、皮脂も正常に分泌されるようになります。

オイリー肌は皮脂コントロールを

脂性肌は、水分量は適正で、皮脂量が多すぎるタイプです。
特に額から鼻にかけての部分(Tゾーン)の皮脂分泌が過剰でテカリやすく、小鼻や頬の毛穴が開き気味なのが特徴です。

肌のキメは荒い方。
皮脂が詰まりやすく、ホコリや角質が混ざって角栓ができやすく、酸化して黒ずみ、「イチゴ鼻」になってしまうことも……。
もっともニキビになりやすい肌質といえます。
ただ、本人も自覚があるため、こまめに洗顔をしたり、角栓を取り除くケアをしている方が多いようです。
でも、そのケアが皮脂分泌をかえって促進していることもあるのです。

皮脂は、汗と混ざることで、皮膚を保護し、弱酸性に保つ天然のクリームとも言える働きをしますが
洗顔のしすぎは、皮脂を取りすぎてしまいます。
特に脂性肌の人は、さっぱりしたい気持ちが強いせいか、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗ったり、
熱めのお湯で洗顔したりすることがよく見受けられます。

いずれの場合も、その場ではすっきりしますが、すぐに脳が「皮脂が不足している」と判断。
皮脂を過剰に分泌することになるのです。
だから、適度に皮脂を残すように、優しく洗うのがよいでしょう。

また、手軽だからと角栓をシートパックで無理やり取り除くと、毛穴が開きっぱなしになって、
かえって皮脂や汚れがたまりやすくなってしまいます。
どうしてもという場合にのみ使い、そのあとは収斂タイプの化粧水などで毛穴をしっかり閉じましょう。

それから、ベタつきが気になるからと、化粧水や乳液の量を減らすのもよくありません。
水分量が不足すると、「肌が乾燥している」と感じて皮脂が分泌されます。

「適度な洗顔」「水分はたっぷり補給」「蒸発を防ぐために乳液や美容液でふさぐ」のが正しいスキンケア法です。
このとき脂性肌用の化粧品を使うことが、皮脂のコントロールに有効になります。

肌の皮脂バランスを正常に近づけることが、ニキビケアの第一歩。
食事や生活習慣を見直すことでも、脂性肌そのものもある程度改善します。
合わせて気をつけて下さいね。

普通肌のためのニキビ対策

4つに大別される肌タイプのうち、理想的、健康な肌といわれるのがこのタイプです。
角質層の水分量は10%から20%で、皮脂量・水分量ともにバランスが取れています。
肌のキメが整っていて、毛穴も目立ちません。

肌のキメは、マイクロスコープなどで見るとわかりますが、
皮膚の表面に縦横無尽に走っている溝(皮溝)の深さと、それに囲まれた部分(皮丘)の盛り上がりで決まります。

皮溝が浅く細かく、皮丘の形状がふっくらとして揃っているほど、キメの細かい肌となります。
実際に、乾燥肌や脂性肌の人は、この皮溝がほとんど見られなかったり、粗かったり、
一定方向に流れる傾向があります。
定期的に肌診断を受けることで水分量や皮脂量だけでなく、キメの状態をチェックすることもできます。
積極的に利用しましょう。

また、皮溝の交差するところに毛孔(毛穴)があり、皮丘の中央に汗を排出する汗孔があります。
毛穴には皮脂腺がありますよね。
毛穴が目立たないということは、皮脂分泌が正常で、毛穴詰まりも起こしていないということ。

このように、普通肌はニキビのできにくい状態ではありますが、油断は禁物です。
肌のバランスは、気候や環境の変化、ストレスなどで簡単に崩れてしまうものです。
日頃のケアをきちんとするだけでなく、生活習慣の乱れや睡眠不足には気をつけましょう。

普通肌の場合は、現在のスキンケアを継続して行えば、大きなトラブルはないと思われます。
肌荒れやニキビができたとしても一時的なもので、たいていは短期間で完治し、跡も残りません。
ただし、年齢によって皮脂分泌や水分量の状態は変わってくるもの。
肌のチェックをしながら、最適なケアにシフトしていくことは必要です。

ある日突然、肌質が変わることもありうること。
気になることを相談できる皮膚科医や化粧品店があるといいかもしれませんね。
また、健康な肌だからと言ってクレンジングやUVケアを怠ると、将来そのツケが出てきかねません。
注意しましょう。
せっかくの美肌なのです。
ぜひともキープする努力をしてくださいね。

正しいスキンケアとは

スキンケアには二つの目的があります。
まず、汚れを落とし、水分と油分を補って肌のバリア機能を正常に保つこと。
これによって、外部の刺激から肌が守られ、トラブルを起こしにくくなります。

もう一つは、「なりたい肌をつくる」ことです。美白やアンチエイジングがこれに当たります。
基本的なケアの他に、目的に沿った効果を持つ機能性化粧品をプラスして、自分の理想の肌に近づけていくのです。

どちらの目的のためにも必要なのは、自分の肌を知ることです。
せっかく高機能化粧品を使ってお手入れをしても、自分の肌質に合っていないのでは効果は期待できません。
それどころか、かえって肌が荒れてしまったり、ニキビができたりというトラブルを招きかねないのです。

肌診断は、化粧品店やデパートの化粧品カウンターで受けられます。
皮脂量や水分量の測定、肌のハリやキメなどもチェックすることができます。
肌質は、おおむね普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌(乾燥型脂性肌)の4つのタイプに分かれます。
それぞれ特性があり、注意すべき点も異なります。
この肌タイプに合った化粧品を使うことが、正しいスキンケアの第一歩と言えます。

自分の肌質が分かったら、目的別に基礎化粧品を選びます。
このとき、化粧品の成分に関する知識も必要です。
どのような成分が使われていて、それが肌にどんな作用や効能があるのかを理解していれば、
「なんとなく」「よくわからないけどよさそうだから」というあいまいな理由で化粧品を選ぶこともなくなるでしょう。

また、使い方も大切です。
化粧水は少量ずつ、肌に押し込むようになじませていくことや、コットンでこすったりしないよう、
自分の肌を丁寧に扱うことを心がけてください。
こうしたシンプルなケアが、肌質に合った化粧品でできれば、高価な化粧品を使わなくても肌の健康を保つことができます。
特に、ニキビなど、トラブルを抱えている肌にはこういった基本的なケアを徹底して、肌環境を整えることが重要なのです。
機能性化粧品を使ったスペシャルケアをするのは、それからです。

 

生活習慣の見直しも大切

毎日仕事が忙しくて、帰宅は深夜。食事は適当に済ませ、入浴する気力もなく、メイクをしたまま寝てしまう…。
あるいは、家事と育児に追われ、朝から晩まで休む暇もない。
家族の中でいちばん早く起きるのに、寝るのは最後…。
20代から30代の女性なら、心当たりがある、または「私の生活、まさにこれ!」という人もいるのではないでしょうか。

このような生活が毎日続いたら、美容だけでなく健康にも影響が出てきて当然ですよね。
睡眠不足や偏った食生活、不規則な生活習慣は、自律神経の乱れにつながります。
皮脂分泌が過剰になり、ニキビができやすくなったり、正常なターンオーバーが妨げられてシワやたるみ、シミの原因となります。
こうした肌のトラブルを解消するために、サプリメントや高価な美容液を使っても、体の内部が健康でなければ、効果は期待できません。

最近は、美肌のもとであるコラーゲンやヒアルロン酸、コエンザイムQ10などを配合したドリンク剤もたくさんあります。
しかし、お肌のゴールデンタイムと言われる午後10時から深夜2時までを意識すること(睡眠をとること)や、
ビタミンCを一緒に取ることで効果が上がると言われており、決してこれだけを飲めばいいわけでもないのです。

睡眠時間は最低でも6時間は欲しいところですが、確保が難しい場合は、質のよい睡眠を取ることを心がけてください。
そのためには、寝る前にアルコールやカフェインを摂取したり食事をするのは避けましょう。
パソコンやスマホの画面を見るのも、脳が刺激されて寝つきが悪くなります。
食生活については、いろいろな食材を摂ることが理想ですが、コンビニ弁当で済まさざるを得ないときもあるでしょう。
そんな場合も、なるべく野菜のおかずがたくさん入ったものを選んだり、別にサラダを買うなどして、栄養のバランスを考えてください。

生活習慣をいきなり変えることは、なかなか難しいことです。
それがストレスになってしまわないように、毎日少しずつ、できることから始めてみてくださいね。

ストレスを上手に解消するには

世は「癒し」ブーム。
「癒す」とは、体や心の傷を治す、悩みや不満を解消するのがもともとの意味です。
でも、現代では「日々のストレスを解消し、明日からの活力を得る」といったところでしょうか。

全国各地で毎週のように「癒し」イベントが催され、多くの来場者でにぎわいます。
それだけストレスを感じ、癒されたいと思う人がたくさんいるということですね。

ストレスとは、本来人間に備わっている自己防衛反応、またはその状態を引き起こす要因を言います。
これは、環境の変化や心身の危機的状況に対応するための大切な機能の一つです。
適度のストレスは、高揚感やモチベーションアップをもたらし、有益な面もあると言えるでしょう。

しかし、長期間にわたってストレスを受け続けると、今度は悪い影響が出てきます。
過度のストレスは、自律神経の乱れや抵抗力の低下を招きます。
疲労感、頭痛、動機や胃腸の不調などの肉体的なものや、不眠、食欲不振、気分が晴れない、
イライラなどの精神的なもの、ストレスからくる様々な症状は、このために起こるのです。

もちろん肌荒れやニキビも、ストレスが原因で起こることがしばしばあります。
重要なのは、ストレスイコールニキビなのではなく、ストレスによる健康状態の乱れが結果的にニキビをつくるということです。

このやっかいなストレスを解消するにはどうしたらいいのでしょう?
「ストレス解消」と言われて、どんなことを思いつきますか?
最近はアロマテラピーやヒーリングミュージックなど、香りや音でリラックスする方法に人気がありますが、実は何でもいいのです。

エステに行く、カラオケで歌いまくる、温泉に入る、ひたすら眠る…など、
自分が「心地よい」「リラックスできる」と感じることなら、充分ストレスを解消する効果はあります。
いろいろなことを試して、自分なりのストレス解消法を探してみるのもいいかもしれませんね。

ただし、二日酔いになるほどお酒を飲むとか、甘いものを食べまくるなどは控えた方がいいでしょう。
あとから「やってしまった…」と後悔するようなことになると、ストレス解消のはずが新たなストレスを生む結果になってしまいます。

 

狭小の孔肌を老けさせる活性酸素

紫外線は避けるべき、UVケアは一年を通じて怠らないこと…
と、紫外線の害とその対策については、誰でも知っていますね。

昔は、日光浴をするのは体に良いと言われ、夏でも外で遊んで、
真っ黒に日焼けすることは健康の証とされたものですが、今やまったく逆のことが言われています。
オゾンホールの影響が深刻な南半球では、子どものUVケアが義務付けられ、
紫外線量の多い時間帯は外出が控えるのが当たり前となっています。

紫外線が肌に及ぼす害はいろいろありますが、最近特に注目されているのが「活性酸素をつくりだす」ことです。
活性酸素は、肌の衰えだけでなく、生活習慣病や、もの忘れ、関節の痛み、白内障などの
老化現象の原因といわれ、研究の対象となっています。
「体のサビ」と呼ばれ、紫外線の他に、食生活や喫煙が発生を促進すると言われています。

人間は、当然酸素がないと生きていけません。
また、体内で食べ物をエネルギーに変換する際にも、重要な役割を果たします。
そんな、人体に不可欠な物質である「酸素」が、ちょっと変化しただけで毒性を持つ「活性酸素」になってしまうのですが、
その原因の一つが紫外線なのです。
波長の短い紫外線B波(UV-B)は、皮膚細胞内のDNAにダメージを与えます。
しかし、A波B波関係なく、紫外線の刺激によってもっとも有害と言われる活性酸素、ヒドロキシラジカルが
大量に生成させると言われています。
このヒドロキシラジカルは、コラーゲンを破壊するため、肌の弾力やハリが失われてシワやたるみを引き起こすのです。

では、ニキビへの影響はどうでしょうか。
毛穴に詰まった皮脂と角質が混ざったものが酸化して、角栓(コメド)を作ります。
このとき、酸化を起こさせるのが活性酸素です。
ただ皮脂が詰まっただけではニキビにはなりません。
酸化によって遊離脂肪酸や過酸化脂質といった、悪い脂分を餌としてアクネ菌が増殖してニキビを作るのです。
アクネ菌はポルフィリンという毒素を排出。周りの皮膚を傷つけたり、再生機能を低下させたりします。

ビタミンCやEは、強力な抗酸化作用を持っています。
外的要因を避けるとともに、こうした栄養素を食べ物から摂取して、「サビない体」を作りましょう!

アクネ菌は悪者?

ニキビができる原因のひとつであるアクネ菌。
ニキビ用化粧品や治療薬のCMでは、アクネ菌を除去することでニキビを治す、と謳っていますが
実は、アクネ菌は皮膚の常在菌のひとつなのです。
毛包の根元の部分に存在し、皮膚を弱酸性に保つ働きがあり、外部からの最近の侵入や繁殖を防いでいます。

このアクネ菌は、皮脂を好み、酸素を嫌うという性質を持っています。
日頃は肌の健康のために大切な役割を果たしているのですが、ひとたび毛穴が詰まってしまうとその性質が悪い方に働きます。
皮脂と角質が混ざり合った角栓(コメド)が毛穴をふさいでしまうと、皮脂は出口を失って毛穴の中にたまっていきます。
アクネ菌は皮脂を餌にしてどんどん増えていき、遊離脂肪酸という腐った脂をつくりだし、これが炎症を起こして赤ニキビとなるのです。
ですが、アクネ菌を除去すればニキビが治るというわけでもありません。
アクネ菌は、正常な状態であればむしろ肌に必要なもの。
アクネ菌だけがニキビの原因ではないのです。

ニキビ対策として注意すべきは、アクネ菌の増殖を防ぐこと、餌となる皮脂のコントロールです。
食生活の偏りは、質の悪い脂のもととなりますので、あわせて見直すことも必要です。
アクネ菌対策と言えば、もっとも効果的なのはやはり洗顔で清潔を保つことですが、
ただ皮脂をとればよいというものではありません。
皮脂をとりすぎてしまうと、乾燥から守るためにかえって皮脂分泌が活発になってしまいます。

洗い過ぎも注意が必要です。
洗いすぎで皮膚のバリア機能が損なわれ、肌荒れや炎症、化膿を引き起こすこともあるのです。
また、角栓を除去しようとしてゴシゴシ洗ったり、スクラブ入りの洗顔料を使ったりすると、皮膚を傷つける恐れがあります。
すでにニキビができているなら、なおのこと刺激を与えないようなケアをするべきです。
特に、肌の弱い人にはニキビ用の殺菌作用がある石鹸もお勧めできません。

ある程度の皮脂は肌の保護のために必要です。
洗顔後、顔がつっぱるようであれば皮脂の取りすぎと言えるでしょう。
アクネ菌をやみくもに悪者扱いするのではなく、正常な肌環境を保つようなケアを心がけましょう。

余計なモノは溜めこまない!「便秘」

肌の角質層もそうですが、本来排除されるべきものがたまっていると、美容や健康によくないのはよく知られています。
体によけいな水分がたまると「むくみ」になり、脂肪がたまれば「肥満」。
そうならないためにも、いらないものは速やかに流してしまいたいものです。

特に、世の中の女性の多くが悩んでいるのが「便秘」。
最近は、大人だけでなく子どもや、中には赤ちゃんのころから便秘、というケースも見られるようです。

女性は、男性よりも便秘になりやすい要素があります。
まず、骨盤が男性よりも広いこと。
このため、腸がたるみやすく、便の滞留時間が長くなります。
大腸は水分を吸収しますので、便が硬くなってしまうのです。
加えて、腹筋や横隔膜の筋力が男性よりも弱いことが挙げられます。
その分、便を排出する力も弱いということですから、硬くなった便はたまりやすくなってしまうのです。

便秘といえばニキビがつきものです。
普段はニキビと縁がない人でも、便秘になったとたんポツポツと出てきたりしますよね。
こうしたニキビは、便秘の解消とともに軽減するものなので、その点は対策が取りやすいと言えます。
では、この便秘とニキビにはどのような関係があるのでしょうか?

たまった便は腐敗して、健康に有害なガスを発生させます。
このガスは血液に溶け込んで、体中に運ばれ、さまざまな影響を及ぼします。

また、乳酸菌飲料やヨーグルトのコマーシャルで、「ビフィズス菌が腸まで届く」なんて言っていますよね。
腸内細菌には腸内環境を整える、ビフィズス菌を始めとする善玉菌と、健康によくない悪玉菌があります。
この悪玉菌は、便の中の未消化のタンパク質や脂肪を餌にして増殖します。
善玉菌は皮膚細胞の活性化や新陳代謝を促すビオチンというビタミンの一種を作りだしますが、
悪玉菌はこの生成を阻害してしまうのです。
その結果、皮膚の免疫機能が低下。
皮脂分泌が過剰になったり、アクネ菌の増殖を促進したりして、ニキビのできやすい状態になるというわけ。

便秘も食生活や生活習慣を見直すことである程度改善されます。
でも、適度な運動も必要です。
体を動かすことは冷え性にも効果的。
まずは、簡単なものから取り入れてみてください。