いちばん気になる?頬ニキビ

頬ニキビ

頬は面積が広いため、ニキビができると目立って気になりますよね。
過剰な皮脂分泌や食生活の偏りといった内的要因の他にも、手で触ったり、かいたりすること、
男性の場合はヒゲ剃りといった外的要因も考えられます。

また、意外かもしれませんが、シーツや枕のすれや汚れがニキビを悪化させることがあります。
洗顔で皮脂汚れを落とし、保湿ケアをしっかりしても、
そのあと肌に触れる寝具が汚れていたのでは台無しです。
こまめに交換しましょう。
特に、枕カバーは毎日換えた方がいいくらいなのです。

 

これはダメ!

頬のニキビは炎症を起こして赤ニキビになることが多く、
特に皮脂分泌の活発な10代の男女では、
瘢痕を残すほど悪化することもめずらしくありません。

赤ニキビがたくさんできると、ほおや、時には顔全体がベッタリと赤く見えて、
見た目もよくないわけですが、気になるからと、
ニキビの芯を潰して出してしまったとしても、炎症部分の赤みは残ります。

適切なケアをすれば、徐々に治まっていくものです。
ただ、新たに雑菌が繁殖して、さらに悪化させることもあります。
赤ニキビになったら絶対に自分で潰さないようにしましょう。

 

女性の場合

「ニキビが気になってメイクもできない」「人に会うのもイヤ」
と物事すべてに対して消極的になってしまうこともよくあります。
そうならないためにも、早めのケアが必要です。

ニキビはほとんどの場合、1個だけできることはありません。
1か所にいくつかできたり、ぽつぽつとあちらこちらにできたりと、複数出てくるのが普通です。
これは、肌自体がニキビのできやすい状態になっているということ。
まずは洗顔で毛穴の皮脂汚れを落とし、しっかりと水分補給をして皮脂バランスを整えましょう。

白ニキビや黒ニキビのうちなら、適切なケアでほぼ治すことができます。
ただし、この場合も無理に角栓を押し出すのはよくありません。

また、頬のニキビには、特に抗炎症効果のあるビタミンCが有効と言われています。
果物や野菜、サプリメントなどで補給するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です