普通肌のためのニキビ対策

4つに大別される肌タイプのうち、理想的、健康な肌といわれるのがこのタイプです。
角質層の水分量は10%から20%で、皮脂量・水分量ともにバランスが取れています。
肌のキメが整っていて、毛穴も目立ちません。

肌のキメは、マイクロスコープなどで見るとわかりますが、
皮膚の表面に縦横無尽に走っている溝(皮溝)の深さと、それに囲まれた部分(皮丘)の盛り上がりで決まります。

皮溝が浅く細かく、皮丘の形状がふっくらとして揃っているほど、キメの細かい肌となります。
実際に、乾燥肌や脂性肌の人は、この皮溝がほとんど見られなかったり、粗かったり、
一定方向に流れる傾向があります。
定期的に肌診断を受けることで水分量や皮脂量だけでなく、キメの状態をチェックすることもできます。
積極的に利用しましょう。

また、皮溝の交差するところに毛孔(毛穴)があり、皮丘の中央に汗を排出する汗孔があります。
毛穴には皮脂腺がありますよね。
毛穴が目立たないということは、皮脂分泌が正常で、毛穴詰まりも起こしていないということ。

このように、普通肌はニキビのできにくい状態ではありますが、油断は禁物です。
肌のバランスは、気候や環境の変化、ストレスなどで簡単に崩れてしまうものです。
日頃のケアをきちんとするだけでなく、生活習慣の乱れや睡眠不足には気をつけましょう。

普通肌の場合は、現在のスキンケアを継続して行えば、大きなトラブルはないと思われます。
肌荒れやニキビができたとしても一時的なもので、たいていは短期間で完治し、跡も残りません。
ただし、年齢によって皮脂分泌や水分量の状態は変わってくるもの。
肌のチェックをしながら、最適なケアにシフトしていくことは必要です。

ある日突然、肌質が変わることもありうること。
気になることを相談できる皮膚科医や化粧品店があるといいかもしれませんね。
また、健康な肌だからと言ってクレンジングやUVケアを怠ると、将来そのツケが出てきかねません。
注意しましょう。
せっかくの美肌なのです。
ぜひともキープする努力をしてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る