敏感肌のニキビ対策はどうしたらよい?

皮脂量と水分量から分類する肌質とは別になる、敏感肌。
化粧品や金属、ホコリなど、外部からのわずかな刺激にも反応してしまうため、トラブルを起こしやすいといえるでしょう。

敏感肌は、バリアレススキンとも呼ばれ、肌のバリア機能が低下しています。
角質層が極端に乾燥していたり、荒れていたりすると、紫外線やホコリ、冷暖房などの刺激で
タンパク質を壊す酵素が発生して肌荒れになってしまいます。

これにより、かゆみやひりつきを感じ、掻いてしまうと
今度は「炎症性サイトカイン」という物質ができて、肌に炎症を起こすのです。
こうした症状は、アレルギーを持っている人によく見られる傾向があります。

敏感肌だと思っていたら、アレルギーだったというケースもあるのです。
肌質というより、体質に原因があることが多いので、
自分がどのような物質に反応しやすいのか調べて、それを避けることも必要です。
皮膚科でパッチテストなどをしてもらうと、アレルギーを起こす物質(アレルゲン)をチェックできます。

こうした敏感肌でも、ニキビができることがあります。
乾燥肌と同様に、角質の肥厚化、ターンオーバーの乱れによって、毛穴がつまりやすくなります。
注意が必要です。

とはいえ、敏感肌の人は、極端に乾燥していることが多いので、普通の化粧品がしみたり、刺激が強すぎることがあります。
ひどいときには、化粧品の刺激でかぶれたりすることも。
敏感肌用のスキンケアラインを使った方がよいでしょう。

洗顔の際は、脱脂力が弱めで低刺激の洗顔料をしっかり泡立てて、やさしく行います。
洗い流すときは、ぬるま湯で充分にすすぎます。
タオルで水分をふき取るときも、こすらないようにしましょう。

ニキビケアのためには清潔第一と考えて、洗顔をしすぎると脂性肌の人でも乾燥してしまうことがあります。
敏感肌の人ならなおさらです。
洗顔料を使うのは夜一回だけにして、朝はぬるま湯ですすぐだけでも十分かもしれません。

また、保湿は何よりも重要です。
少量ずつ、丁寧に重ねるように化粧水を入れ込みましょう。
こすったり一度にたくさんつけるのは厳禁です。
水分を補給したあとは、美容液や乳液でしっかりフタをして蒸発を防ぎましょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る