オイリー肌は皮脂コントロールを

脂性肌は、水分量は適正で、皮脂量が多すぎるタイプです。
特に額から鼻にかけての部分(Tゾーン)の皮脂分泌が過剰でテカリやすく、小鼻や頬の毛穴が開き気味なのが特徴です。

肌のキメは荒い方。
皮脂が詰まりやすく、ホコリや角質が混ざって角栓ができやすく、酸化して黒ずみ、「イチゴ鼻」になってしまうことも……。
もっともニキビになりやすい肌質といえます。
ただ、本人も自覚があるため、こまめに洗顔をしたり、角栓を取り除くケアをしている方が多いようです。
でも、そのケアが皮脂分泌をかえって促進していることもあるのです。

皮脂は、汗と混ざることで、皮膚を保護し、弱酸性に保つ天然のクリームとも言える働きをしますが
洗顔のしすぎは、皮脂を取りすぎてしまいます。
特に脂性肌の人は、さっぱりしたい気持ちが強いせいか、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗ったり、
熱めのお湯で洗顔したりすることがよく見受けられます。

いずれの場合も、その場ではすっきりしますが、すぐに脳が「皮脂が不足している」と判断。
皮脂を過剰に分泌することになるのです。
だから、適度に皮脂を残すように、優しく洗うのがよいでしょう。

また、手軽だからと角栓をシートパックで無理やり取り除くと、毛穴が開きっぱなしになって、
かえって皮脂や汚れがたまりやすくなってしまいます。
どうしてもという場合にのみ使い、そのあとは収斂タイプの化粧水などで毛穴をしっかり閉じましょう。

それから、ベタつきが気になるからと、化粧水や乳液の量を減らすのもよくありません。
水分量が不足すると、「肌が乾燥している」と感じて皮脂が分泌されます。

「適度な洗顔」「水分はたっぷり補給」「蒸発を防ぐために乳液や美容液でふさぐ」のが正しいスキンケア法です。
このとき脂性肌用の化粧品を使うことが、皮脂のコントロールに有効になります。

肌の皮脂バランスを正常に近づけることが、ニキビケアの第一歩。
食事や生活習慣を見直すことでも、脂性肌そのものもある程度改善します。
合わせて気をつけて下さいね。

関連記事

ページ上部へ戻る