インナードライ肌ってどんな状態?

インナードライ

最近増えている「インナードライ肌」。
「かくれ乾燥肌」とも呼ばれます。

脂性肌や混合肌と見分けがつきにくいのですが、
皮脂量の分泌が過剰で、水分量が不足している肌質です。
脂でテカったり、頬や額、鼻の毛穴が開き気味なので、脂性肌と思いこみ、
脂性肌用のケアをしているのに一向に改善されないなら、このインナードライ肌が疑われます。
肌診断を受けて、皮脂量と水分量を測定してもらえばわかります。
心当たりのある人は調べてみるとよいでしょう。

 

インナードライ肌

通常の乾燥肌とは異なり、夏に増加するのが特徴です。
日本の夏は高温多湿。
その上地球温暖化の影響で、毎年最高気温を更新するような猛暑です。
気温が上昇すると肌表面の温度も上がります。
すると体温調整のために汗を多量にかきますが、このときに皮脂膜も一緒に流れてしまうのです。
肌を保護し、水分の蒸発を防いでいる皮脂膜がなくなると、
肌は一気に乾燥状態になってしまいます。

 

空調

最近は冷暖房完備の建物がほとんど。
しかもスーツスタイルの男性に合わせた、低めの温度設定になっていることが多いです。
このため、女性は夏でも血行不良による冷えに悩まされる人がいます。
ただでさえ冷房の効いた部屋は、湿度が低く、乾燥しがちですよね。
外との温度差も大きく、肌はその変化についていけず、
新陳代謝が落ちて「夏バテ肌」になってしまうのです。

水分不足と、こうした条件が重なって肌が乾燥してしまうと、皮脂分泌は当然活発になります。
一見うるおっているようですが、実は肌の内部はカサカサ。
その他にも、洗顔のしすぎや紫外線も原因となります。
インナードライ肌もやはりターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下した状態なのです。

 

ケア

このような状態では、毛穴に余分な皮脂が詰まってニキビができやすくなるのも当然ですね。
ケア方法としては、やはり水分補給です。
保湿力の高いセラミド配合の化粧水などで、丁寧に保湿しましょう。

また、冷房の効いたオフィスで長時間過ごすときは、
ミスト状の化粧水をこまめに吹きかけると効果的です。
メイクの上からでも大丈夫なので、乾燥対策として常備しておくといいでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です