あご・口元のニキビ対策

あごのニキビは、大人ニキビによく見られます。
原因は、外的刺激によるものと、ホルモンバランスの崩れによる内的なものがあります。

あごから首にかけては、男性でいえばヒゲの生える部分です。
このため、男性ホルモンの分泌が活発で、他の部位に比べて皮脂量が多いのです。
しかし、思春期にあごニキビがあまり見られないことから、大人ニキビ特有のものと言われています。

女性の場合は、ストレスなどによりホルモンバランスが乱れて、
男性ホルモンが優位になっていることが考えられます。
あごのニキビは治りにくいことが多いので、洗顔・保湿で日頃のケアをしっかりすることと、
ストレスを上手に発散してホルモンのバランスを取り戻すことが必要です。
また、「なかなか治らない」ことがストレスになりやすいので、気長に治すつもりで取り組みましょう。

口元ニキビの場合は、逆に乾燥が原因のことが多いようです。
口の周りは皮脂腺が少ないので、もともと乾燥しやすいだけでなく、
シェーバーなどで産毛を剃ることが刺激となってニキビができることがあります。

また、口元のニキビは消化器系の不調のバロメーターとされています。
暴飲暴食や偏った食事、不規則な食事を続けていると、
胃腸が弱って口周りにニキビができると言われているのです。
このため、口元のニキビは、洗顔・保湿といった外側からのケアだけでなく、
食生活を見直して改善することが重要とされています。

その他の対策としては、やはりビタミンがもっとも有効です。
特にビタミンB6・B2は、肌の抵抗力を高めたり、新陳代謝を促進するので、積極的に摂りましょう。

口元のニキビは目立つ上に、気になりますから、無意識のうちに触ったりしてしまうもの。
でも、指や口周りの雑菌が入って悪化することもあります。気をつけましょう。
口を拭くときも、力を入れないで押さえるようにしてくださいね。

あごと口元は、近い位置でありながら皮脂量もニキビのできる原因も異なります。
その分、同時にできることは少ないので、それぞれの部位に合ったケアを心がけてください。

あごの吹き出物大人ニキビ対策はこちら

 

関連記事

ページ上部へ戻る