ビタミンC誘導体の効果とは

レモン、ビタミンC

ビタミンCは、何種類もあるビタミンの代表格。
風邪をひいたときや口内炎ができたときにも「ビタミンCを摂るように」と言われますよね。
体の免疫力を高め、抗ストレス作用もあると言われるビタミンCは、
健康だけでなく美容にも欠かせません。
抗酸化作用、メラニン色素を抑制し、ニキビなどの色素沈着を防ぐ美白・美肌効果など、
積極的に摂りたい栄養素です。

 

しかし、よいことばかりではありません。

食物からビタミンCを摂取しようとするとき、加熱に弱いということはよく知られていますね.。
それ以外にも、空気に触れると酸化しやすく安定性が低いことや、
そのままでは肌に吸収されにくい特性を持っています。

また、高濃度であるほど効果が期待できますが、
その分刺激を感じ、かえって肌が荒れる原因となることもあります。

こうしたビタミンCの弱点を改良して化粧品に配合できるようにしたのが
「高濃度ビタミンC」です。
水溶性と脂溶性、両方の利点を併せ持つ新型の3つがあります。

 

「水溶性ビタミンC誘導体」

角質層への浸透が早いため即効性があります。
リン酸と合わさることで、壊れやすいビタミンCの吸収率がよくなり、効果が発揮されるのです。
成分名としては、「リン酸アスコルビルナトリウム」「リン酸アスコルビルマグネシウム」
などと表示されます。

 

脂溶性ビタミンC誘導体

本来水溶性のビタミンCに油分を加えたものです。
クリームやジェルタイプの化粧品に配合されることが多く、水溶性ほどの即効性はありませんが、
浸透力があり、真皮まで届くため、保湿力に優れています。
特に乾燥肌や敏感肌の人には刺激も少ないため有効でしょう。
「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビル」などがあります。

 

新型ビタミンC誘導体

進化型、APPSとも呼ばれますが、
水溶性と脂溶性の「いいとこどり」をしたと言っていいでしょう。
即効性と浸透力を併せ持ち、保湿力を高めてくれるので、ニキビ肌にも効果が期待できます。

関連記事

ページ上部へ戻る