お肌にも大事な成分コラーゲンについてのお話です。

コラーゲンサプリの特徴と飲むべきタイミングについて

コラーゲンを摂取する方法は、食事とドリンクの他にもう一つ、恐らく最も実用化されている方法であるサプリメントでの摂取方法がありますよね。

私は毎日コラーゲンサプリを飲んでいるから安心!と思っているそこのアナタ、ちょっと待ってください。
サプリメントにも、ちゃんと飲むべきタイミングというものがあるんです。

より効果を期待したいのならサプリメントを飲むのも、きちんとしたタイミングで摂取したいですよね。

コラーゲンサプリメントの特徴

コラーゲンサプリメントは錠剤ですので、ドリンクなどと違い、味もニオイも無いのが特徴です。
それに小さいので、持ち歩きにも、とても便利ですよね。

そしてなにより、低価格で始められるので、コラーゲン摂取を今から始めようという人は、サプリメントから始めてみるのが良いかもしれません。

ですが、飲み物がないと摂取できない点や、一粒に入っているコラーゲンの量が、ドリンクなどに比べてとても少ないという短所もあります。

コラーゲンサプリメントを摂るべきタイミングとは

コラーゲンを摂るべきタイミングというのは、効果的なタイミングと、そうでないタイミングがあります。
では、効果的にコラーゲンが摂取できるタイミングとは、一体いつなのでしょうか。

やはりお肌は夜に作られているのですから、コラーゲンも夜寝る前に摂るのが効果的だとされているようですよ。
その中でも、22時から深夜2時までの4時間がとても大切なんだそうです。

そして、摂取したコラーゲンの効果が発揮されるのが、1時間後だと言われているので、それを考えて摂取すると良さそうですね。

逆に、朝にコラーゲンを飲むのは、あっという間に消化されてしまうのであまりよろしくないんだそう。
ちなみに1日複数回摂取するというのもサプリメントなら推奨できる行為なんだそうですよ。

折角、綺麗になりたいという気持ちで継続して飲むのですから、やはり効果は期待したいですよね。
サプリメントは、より効果的な飲み方をしましょう。

 

より効果を体感できるコラーゲンドリンクの飲み方とは

 

コラーゲンドリンクに含まれるコラーゲンは、食材のコラーゲンと比べると吸収されやすいという性質があります。
ですが、飲み方をひと工夫するだけでより効果を体感しやすくなるので、ぜひ実践してみましょう。

寝る前に飲む

眠ってから3時間ほど経つと、体内では成長ホルモンが分泌され始めます。
成長ホルモンは、昼間に受けた細胞のダメージを修復したり回復させたり、ターンオーバーを促進する働きがあります。

さらに、コラーゲンの合成にも関わっているので、成長ホルモンが分泌されるタイミングで血中のコラーゲンを増やしておくのが、美肌作りのポイントです。

寝る前にコラーゲンドリンクを飲んでおけば、成長ホルモンの分泌が始まる頃にコラーゲンの血中濃度が高まります。
ですので、コラーゲンの生成効率を高めるためには、寝る前に飲むがベストです。

ビタミンCを一緒に摂る

コラーゲンの合成というのは、コラーゲン単体ではできません。
他の栄養素のサポートがあってこそ、ダメージに負けないコラーゲンを生成することができます。

その核となるのがビタミンCで、ビタミンCが不足した状態ではコラーゲンの質が悪くなります。
コラーゲンドリンクにビタミンCが配合されていれば問題ないのですが、もし配合されていないのであれば一緒に摂取してください。

コラーゲンドリンクの詳しいサイトはこちら

ビタミンCはブロッコリーやピーマン、いちごやキウイなどに豊富に含まれています。
ただし食材から摂取すると分解吸収までに時間がかかるので、ビタミンCのサプリメントを利用するのがおすすめです。

コラーゲンドリンクは飲むだけでも効果的ですが、効果を高める飲み方でより早く体感したいですね。

 

ビタミンC誘導体の効果とは

ビタミンCは、何種類もあるビタミンの代表格。
風邪をひいたときや口内炎ができたときにも「ビタミンCを摂るように」と言われますよね。
体の免疫力を高め、抗ストレス作用もあると言われるビタミンCは、
健康だけでなく美容にも欠かせません。
抗酸化作用、メラニン色素を抑制し、ニキビなどの色素沈着を防ぐ美白・美肌効果など、
積極的に摂りたい栄養素です。

 

しかし、よいことばかりではありません。

食物からビタミンCを摂取しようとするとき、加熱に弱いということはよく知られていますね.。
それ以外にも、空気に触れると酸化しやすく安定性が低いことや、
そのままでは肌に吸収されにくい特性を持っています。

また、高濃度であるほど効果が期待できますが、
その分刺激を感じ、かえって肌が荒れる原因となることもあります。

こうしたビタミンCの弱点を改良して化粧品に配合できるようにしたのが
「高濃度ビタミンC」です。
水溶性と脂溶性、両方の利点を併せ持つ新型の3つがあります。

 

「水溶性ビタミンC誘導体」

角質層への浸透が早いため即効性があります。
リン酸と合わさることで、壊れやすいビタミンCの吸収率がよくなり、効果が発揮されるのです。
成分名としては、「リン酸アスコルビルナトリウム」「リン酸アスコルビルマグネシウム」
などと表示されます。

 

脂溶性ビタミンC誘導体

本来水溶性のビタミンCに油分を加えたものです。
クリームやジェルタイプの化粧品に配合されることが多く、水溶性ほどの即効性はありませんが、
浸透力があり、真皮まで届くため、保湿力に優れています。
特に乾燥肌や敏感肌の人には刺激も少ないため有効でしょう。
「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」「パルミチン酸アスコルビル」などがあります。

 

新型ビタミンC誘導体

進化型、APPSとも呼ばれますが、
水溶性と脂溶性の「いいとこどり」をしたと言っていいでしょう。
即効性と浸透力を併せ持ち、保湿力を高めてくれるので、ニキビ肌にも効果が期待できます。

サリチル酸配合の化粧品がよい?

グリチルリチン酸ジカリウム同様、ニキビケアといえば定番のように配合されている成分です。
どのようによいのかご存知ですか?

「ケミカルピーリング」という美肌法があります。
酸などを使って表皮や角質、真皮までも化学的に溶かして、皮膚の再生を促す方法です。
ニキビやニキビ跡(色素沈着やクレーター肌など)の治療にも有効とされています。

このケミカルピーリングに使われる薬剤の中で一般的なのが、フルーツ酸とも呼ばれるAHA(アルファヒドロキシ酸)。
サリチル酸は、そのAHAと並んでよく使われる成分です。
特にマクロゴールという基剤と合わせたサリチル酸マクロゴールは、刺激が少なく効果が高いことで知られています。

角質同士の結合をゆるめて除去しやすくする効果があるため、
ピーリングだけでなく拭きとり化粧水などの角質ケアにも使われています。
ニキビの原因となる毛穴の皮脂づまりは、ターンオーバーがうまくいかず、
角質が肥厚化してしまうことからも起こりやすくなります。
余分な角質を除去することは、大切なニキビケアのひとつであることを考えると納得ですね。

サリチル酸はアルコールや脂に溶けやすく、皮膚に近い性質を持っています。
そのため、大人のニキビケアには向いていると言われます。
角質をやわらかくし、角栓を溶かして除去する他に、殺菌作用があるので、アクネ菌の繁殖を防いでくれます。

最近では、手作り化粧品の原料として10%程度に希釈したサリチル酸溶液が販売されています。
化粧水やクリームを作ったりできますが、市販の化粧品には混ぜないようにしましょう。
用法・容量を厳守することが必要です。
化粧品に配合する場合は、上限0.2%と規制されている成分でもあるのです。

そして、大手国内化粧品メーカーが開発した「4MSK(4-メトキシサリチル酸カリシウム塩)」
という成分が最近注目されています。
これはメラニンの生成を抑え、且つ排出を促す効果で、シミやソバカスを防ぐという新しい美白成分。
サリチル酸の誘導体なのです。
ニキビ跡の色素沈着にも効果が期待できそうですね。

グリチルリチン酸は何に効く?

ニキビ用化粧品には必ずと言っていいほど配合されている「グリチルリチン酸ジカリウム」。
カンゾウという植物由来の成分であるグリチルリチン酸は、
日本でも昔から解毒・消炎効果があるとして使われてきました。
現代でも化粧品だけでなく、歯磨きやシャンプー、ニキビを始めとする
さまざまな皮膚炎の治療薬に配合されています。

しかし、水に溶けにくい性質のため、そのままでは使いにくいという欠点がありました。
そこで、カリウムと合わせて誘導体としたのが「グリチルリチン酸ジカリウム」です。
「グリチルリチン酸2K」と表示してある化粧品や医薬部外品もありますが、同じものです。

主な効果として、消炎・抗アレルギー作用の他に女性ホルモン様作用があります。
抗女性ホルモン様作用とは、その名のとおり女性ホルモンに似た働きをすることです。
ニキビの原因の一つに、ホルモンバランスの乱れがありますよね。
男性ホルモンの分泌が亢進するため、皮脂分泌が活発になるのですが、
グリチルリチン酸ジカリウムがそれを抑制してくれるというわけです。

また、ステロイドと基本的な成分構造が似ているので、同じような効果があります。
ステロイドほどの即効性はないかわり、副作用もほとんどないので、長く使いたいときには向いています。
ニキビに対しては、痛みや炎症を抑える効果が期待できるでしょう。
どちらかといえば、予防よりできてしまったニキビのケア用です。

身の回りに普通にある商品に配合されていることが多いため、気軽に使いがちですが、
実は薬事法で使用量が規制されている成分です。
スキンケア用として、肌にとどまる化粧品の場合は、0.3%が使用の上限とされています。

しかし、通常であれば0.02から0.05%という極めて少量の配合で消炎効果があると言われているので、
強い成分であるということは認識しておくべきでしょう。

市販されている化粧品であればまず心配ありませんし、
容量を守って正しく使えば優れた効果を発揮する成分です。

 

ニキビ用化粧品に含まれる成分とは?

ニキビ用化粧品は、いろいろなメーカーから専用ラインが発売されています。
正直、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。
また、ニキビ用化粧品と、普通のものはどこが違うのでしょうか。
ここでは、ニキビ用化粧品に配合されている成分について見てみましょう。

イオウ
10代用のニキビ治療薬に使われていることが多い「イオウ」。
イオウを含んだ温泉は肌によいと言われることからもわかるように、
抗炎症効果や角質を柔らかくする作用があって、洗顔料や拭きとり化粧水に使用されています。

 

ビタミンC誘導体

抗酸化作用やメラニン色素の沈着を防ぐなど、美肌には欠かせない成分であるビタミンC。
しかし、安定性がよくない、刺激が強すぎるなど、
そのまま使うには難しい特性を改良したのが「ビタミンC誘導体」です。
角質層への浸透をよくし、肌に吸収されてからビタミンCに変化します。
化粧水や乳液など、ニキビケア用だけでなく化粧品全般に広く利用されています。

 

サリチル酸

サリチル酸」「グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)」は、
どちらもニキビケア用化粧品には多く使われている成分です。
「サリチル酸」は、化粧品への配合は0.2%までしか許可されていません。
それ以上になると医薬品扱いとなります。
角質を柔らかくする作用があるので、拭きとり化粧水などに配合されています。

「グリチルリチン酸2K」はカンゾウエキスから抽出した
グリチルリチン酸を水酸化カリウム溶液に溶かしたもの。
消炎効果に優れ、ニキビの予防・悪化防止に効果的と言われています。

 

フラーレン

この他、最近アンチエイジング成分として注目されているのがフラーレン。
抗酸化作用がビタミンCの125倍と言われ、コラーゲンを生成する能力も非常に高いため、
美肌効果は抜群です。
肌の新陳代謝が正常に行われれば、不要な角質はどんどんはがれていくので、
毛穴の皮脂詰まりも起こりにくくなります。
美白やたるみ防止に有効と言われるフラーレンですが、
ニキビケアにも効果を発揮しそうですね。

 

ニキビケア用化粧品に共通しているのは、
「角質を柔らかくする、除去する」「保湿」「消炎」です。
普段のケアでは足りない部分、ニキビができやすくなっている肌に必要なものが入っています。
症状や肌の状態に合わせて選んでくださいね。