種類別ニキビ対策

ニキビの種類は、大きく分けて4つ挙げられます。

皮脂が角質やホコリと混じって、角栓(コメド)を形成し、毛穴を詰まらせてしまうことから起こります。
詰まった毛穴の中にさらに皮脂がたまってプツッとしたふくらみができるのが、ニキビの初期段階です。
毛穴が閉じていて、全体が白っぽく見えるものを白ニキビ。
先端が開いていて、皮脂が酸化して黒くなっているものを黒ニキビといいます。

実はこの段階なら、適切なケアをすれば、ほぼ跡を残すことなく完治します。
最近は、面皰圧子という器具を使ってニキビの芯(角栓)を押し出す方法もあるようですが、
無理に潰したり、消毒やその後のケアをきちんとしないとかえって悪化します。
安易にやらない方がよいでしょう。
ニキビケア専用の化粧品なら、こうした初期のニキビに効果があるようです。

詰まった皮脂を餌にアクネ菌が増殖して、炎症が起こった状態が「赤ニキビ」。
ニキビは硬く大きくなり、触ると痛みを感じるようになります。
これにさらに雑菌が加わって、炎症が進むと化膿して「黄色ニキビ」になります。
膿のたまった小結節を形成し、それが集まって膿胞を作ることもあります。

こうなってしまうと、皮膚科で治療を受けなければ治りません。
そればかりか、ニキビの周囲の肌まで破壊されたり、
肌の深部にある真皮がダメージを受けてしまいます。
真皮は、肌のハリや弾力のもとであるエラスチンやコラーゲンを生成する場所です。
ここがダメージを受けると、健康な肌ができにくくなります。

このため、ニキビ自体が治ったあとも、赤みや色素沈着が残ったり、
肌にデコボコの跡が残る「クレーター肌」になってしまうのです。
こうしたニキビ跡の治療は、美容外科やエステでできますが、費用と時間がかかります。
なにより、精神的な苦痛が大きいでしょう。

とにかく、ニキビを悪化させないためには早め早めの対策が有効です。
白ニキビや黒ニキビのうちに、毛穴詰まりを解消しましょう。
日頃から洗顔・保湿といった基本的なケアをしっかり行い、毛穴を詰まらせないようにするのが一番。
できてしまったニキビには、適切な処置が必要なのです。

 

関連記事

ページ上部へ戻る