ニキビ対策には正しい洗顔が第一

ニキビの洗顔

「ニキビには洗顔が第一!」
昔から言われてきた、ニキビ対策の基本です。
現代でも、特に10代の思春期ニキビには有効です。
大人ニキビの場合は、ただ洗顔の回数を増やせばいいわけではありません。

 

「正しい洗顔が第一」が正解です。

正しい洗顔のポイントは「泡で洗う」「ぬるま湯で洗う」の2つ。
「なんだそんなこと?」と思うかもしれませんが、意外にできていない人が多いのです。
また、洗顔の前には必ず手を洗いましょう。
手が汚れていては、洗顔料が泡立ちにくくなります。

 

「泡で洗う」について

洗顔料を泡立てて洗うことは知っていても、実際にどのくらい泡立てていますか?
朝の忙しい時間帯などは、適当にすませてしまっているのではないでしょうか。
目安は、片手の手のひら一杯。
手を逆さにしても落ちないくらいの、きめ細かなしっかりした泡が理想的です。
洗顔ネットを使うと、短時間で充分な泡がつくれます。

この泡を顔にのせて、マッサージするように洗うのですが、
このとき、手のひらと顔の間に泡のクッションがあるようにします。
(直接指が肌に触れることのないように)
「泡で洗う」ことで、細かい泡が毛穴に入り込んで汚れを掻きだしてくれるのです。

長時間洗う必要はありません。
泡を顔全体にのせて、1分ほどで充分です。

 

ぬるま湯を使う

洗い流すときは、人肌程度のぬるま湯を使います。
熱すぎると、必要な皮脂まで取れてしまいますからね。
手でなく、ぬるま湯ですすぐように洗い流し、泡が切れたら冷水に切り替えます。
髪の生え際やフェイスラインなども、泡が残らないように気をつけて下さいね。

この部分に石鹸成分が残ると、ニキビの原因になることがあります。
充分すすいだら、清潔なタオルで押さえるようにして水気を取りましょう。
ゴシゴシ拭いてはいけませんよ。
正しい洗顔をすれば、皮脂がとれすぎることはありませんが、
乾燥が気になる人は、朝の洗顔はぬるま湯だけにしてもよいでしょう。

 

関連記事

ページ上部へ戻る