正しいスキンケアとは

スキンケアには二つの目的があります。
まず、汚れを落とし、水分と油分を補って肌のバリア機能を正常に保つこと。
これによって、外部の刺激から肌が守られ、トラブルを起こしにくくなります。

もう一つは、「なりたい肌をつくる」ことです。美白やアンチエイジングがこれに当たります。
基本的なケアの他に、目的に沿った効果を持つ機能性化粧品をプラスして、自分の理想の肌に近づけていくのです。

どちらの目的のためにも必要なのは、自分の肌を知ることです。
せっかく高機能化粧品を使ってお手入れをしても、自分の肌質に合っていないのでは効果は期待できません。
それどころか、かえって肌が荒れてしまったり、ニキビができたりというトラブルを招きかねないのです。

肌診断は、化粧品店やデパートの化粧品カウンターで受けられます。
皮脂量や水分量の測定、肌のハリやキメなどもチェックすることができます。
肌質は、おおむね普通肌・脂性肌・乾燥肌・混合肌(乾燥型脂性肌)の4つのタイプに分かれます。
それぞれ特性があり、注意すべき点も異なります。
この肌タイプに合った化粧品を使うことが、正しいスキンケアの第一歩と言えます。

自分の肌質が分かったら、目的別に基礎化粧品を選びます。
このとき、化粧品の成分に関する知識も必要です。
どのような成分が使われていて、それが肌にどんな作用や効能があるのかを理解していれば、
「なんとなく」「よくわからないけどよさそうだから」というあいまいな理由で化粧品を選ぶこともなくなるでしょう。

また、使い方も大切です。
化粧水は少量ずつ、肌に押し込むようになじませていくことや、コットンでこすったりしないよう、
自分の肌を丁寧に扱うことを心がけてください。
こうしたシンプルなケアが、肌質に合った化粧品でできれば、高価な化粧品を使わなくても肌の健康を保つことができます。
特に、ニキビなど、トラブルを抱えている肌にはこういった基本的なケアを徹底して、肌環境を整えることが重要なのです。
機能性化粧品を使ったスペシャルケアをするのは、それからです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です