肌の乾燥でなぜニキビ?

ニキビといえば、思春期の若い子や脂っぽい肌の人がなるもの
そんなイメージがありますよね。
でも、実際には乾燥肌でもニキビに悩まされている人がいます。

これまで、さまざまなニキビの要因について説明してきました。
ここでニキビのできる仕組みについておさらいしてみましょう。

ニキビの原因は、角栓(コメド)と呼ばれる、毛穴に詰まった皮脂や汚れです。
皮膚のターンオーバーのリズムが崩れると、古くなった角質がはがれにくくなり、
角質層が厚くなるため、さらに詰まりやすくなります。

毛穴がふさがってしまうと、コメドを餌にしてニキビの原因のひとつであるアクネ菌が繁殖。
このため、炎症がおこり、ニキビとなるのです。
乾燥肌の場合、特に角質層の肥厚化がくすみとなって表れることが多いようです。
まず角質除去が必要でしょう。

角栓を作らないためには、こまめな洗顔をすることです。
しかし、昔はとにかく一日に何度も顔を洗うのがよいと言われましたが、最近は「洗い過ぎもよくない」という説が有力です。
いったいどっちが正しいのか?と混乱しそうですね。

結論から言えば、どちらも間違いではありません。
洗顔で汚れや過剰な皮脂を取り除くことは、10代のニキビには有効です。
逆に大人ニキビに洗い過ぎはよくないのです。

皮脂は断じて悪者ではありません。
汗腺から出る水分と混ざって、皮脂膜という天然のクリームを作り、
肌を外的刺激から守ると同時に、水分の蒸発を防ぐフタの役目をしています。

乾燥肌の人にとって、なにより大切な水分の保持(保湿)にも役立っているのです。
でも、洗顔をし過ぎると皮脂までが取り去られてしまいます。
すると、それを補おうと皮脂分泌が活発になり、皮脂と水分のバランスが崩れてしまう上に、
皮脂が洗い流されてしまうと、さらに乾燥は進みます。

保湿のためにいくら化粧水などを使っても、蒸発を防ぐ油分がまったくないのでは意味がありません。
そのためにも、皮脂を取りすぎないこと、適度な油分を補うことを心がけてください。

関連記事

ページ上部へ戻る