紫外線を避けましょう

今や一年を通じて紫外線対策は常識です。
紫外線量がもっとも多いのは春から夏ですが、
冬でも天気の良い日ならば真夏の約30%の紫外線量があるといわれています。

太陽から降り注ぐ光は、さまざまな恩恵を地球に与えてくれます。
その構成は、目に見える可視光線と熱を感じる赤外線、そして目に見えず熱も感じない紫外線です。
この紫外線は、全体の5~6%に過ぎませんが、波長が短くエネルギーが大きいため、人体や物質に影響を及ぼします。
代表的なのが日焼けや、殺菌・消毒効果。
もちろんよいことばかりではありません。
ニキビだけでなく、肌そのもののために注意するべきことがたくさんあります。

紫外線は、その波長の長さで3種類に分けられます。
長い順にA波、B波、C波といいますが、このうち人体に直接関係してくるのはA波とB波です。
もっとも波長の短い紫外線C波は、いちばん危険な紫外線でもあるのですが、
オゾン層でほとんど吸収され、地表には届きません。

しかし、近年オゾン層の破壊が進んでいることが確認されていますので、影響が心配されます。
紫外線A波(UV-A)は、3種類の中でもっとも波長の長い紫外線です。
肌の真皮まで届いてダメージを与えます。

真皮は、表皮のいちばん下の基底層にあり、新しい皮膚細胞を作っています。
ここが傷つくことにより、肌の潤いや弾力性が失われ、シワやたるみの原因となります。
真皮のターンオーバーには通常5年から6年かかるため、「将来の肌のためにUVケアを」と言われるのです。
肌を黒くする紫外線で、室内にいても窓ガラスを通過するので注意が必要です。

紫外線B波(UV-B)は、表皮に届き、肌に炎症を起こさせ(肌を赤くする)、シミやそばかすだけでなく、
活性酸素を作り出します。
「体のサビ」と呼ばれる活性酸素は、皮膚細胞内の遺伝子を傷つけ、老化や病気の原因になると言われています。
紫外線や日光による消毒・殺菌作用はこのためなのですが、人体には決してよいとは言えません。
室内であれば窓ガラスで吸収されます。

最近では、天気予報でも紫外線量の予測があったりしますね。
ピークの時間帯には外出を避ける、日焼け止めや帽子、手袋、日傘などのUVケアグッズを使って、
しっかり対策をしましょう。

ファンデーションランキング40歳
40歳の方に、今人気のファンデは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です