狭小の孔肌を老けさせる活性酸素

紫外線は避けるべき、UVケアは一年を通じて怠らないこと…
と、紫外線の害とその対策については、誰でも知っていますね。

昔は、日光浴をするのは体に良いと言われ、夏でも外で遊んで、
真っ黒に日焼けすることは健康の証とされたものですが、今やまったく逆のことが言われています。
オゾンホールの影響が深刻な南半球では、子どものUVケアが義務付けられ、
紫外線量の多い時間帯は外出が控えるのが当たり前となっています。

紫外線が肌に及ぼす害はいろいろありますが、最近特に注目されているのが「活性酸素をつくりだす」ことです。
活性酸素は、肌の衰えだけでなく、生活習慣病や、もの忘れ、関節の痛み、白内障などの
老化現象の原因といわれ、研究の対象となっています。
「体のサビ」と呼ばれ、紫外線の他に、食生活や喫煙が発生を促進すると言われています。

人間は、当然酸素がないと生きていけません。
また、体内で食べ物をエネルギーに変換する際にも、重要な役割を果たします。
そんな、人体に不可欠な物質である「酸素」が、ちょっと変化しただけで毒性を持つ「活性酸素」になってしまうのですが、
その原因の一つが紫外線なのです。
波長の短い紫外線B波(UV-B)は、皮膚細胞内のDNAにダメージを与えます。
しかし、A波B波関係なく、紫外線の刺激によってもっとも有害と言われる活性酸素、ヒドロキシラジカルが
大量に生成させると言われています。
このヒドロキシラジカルは、コラーゲンを破壊するため、肌の弾力やハリが失われてシワやたるみを引き起こすのです。

では、ニキビへの影響はどうでしょうか。
毛穴に詰まった皮脂と角質が混ざったものが酸化して、角栓(コメド)を作ります。
このとき、酸化を起こさせるのが活性酸素です。
ただ皮脂が詰まっただけではニキビにはなりません。
酸化によって遊離脂肪酸や過酸化脂質といった、悪い脂分を餌としてアクネ菌が増殖してニキビを作るのです。
アクネ菌はポルフィリンという毒素を排出。周りの皮膚を傷つけたり、再生機能を低下させたりします。

ビタミンCやEは、強力な抗酸化作用を持っています。
外的要因を避けるとともに、こうした栄養素を食べ物から摂取して、「サビない体」を作りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です