毛穴とニキビの深い関係

毛穴

最近のコスメ業界は、「毛穴ケア」「毛穴レスの肌へ!」など、毛穴の悩みに応える商品を前面に押し出しています。磁器のようなスベスベ肌は、女性のあこがれですよね。そのためには、毛穴について知っておく必要があります。ということで、毛穴の構造について見てみましょう。

毛穴の構造

毛穴とは、その名のとおり体毛の生えている狭小の孔で、いくつかの種類があります。皮脂を分泌するものを脂腺性毛包といい、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビなどのトラブルが起きやすい部分です。

髪の毛の生える終末性毛包に比べ、脂腺性毛胞は毛穴が大きくて、皮脂腺が発達。生えてくる毛は、細く短いために皮脂がたまりやすいという特徴があります。

また、毛穴上部にある毛漏斗部は、角質が厚くなりやすいため、さらに皮脂の排出を妨げます。

コメド

このようなもともとの条件に加えて、ターンオーバーがスムーズに行われないと、本来どんどん剥がれおちていくべき古い角質が、たまって厚くなっていきます。皮脂とこの角質が混ざり合ってできた角栓(コメド)は、毛穴にフタをしてしまいさらに皮脂詰まりをひどくさせてしまうのです。

毛穴がふさがってしまうと、分泌された皮脂は行き場を失って、内部にたまり、面皰となります。盛り上がって白くみえる面皰を白ニキビ。先端が開き、酸化して黒くなったものを黒ニキビといいます。この段階で適切な処置をすれば、ほとんどの場合跡を残さずに治すことができます。

また、角栓は毛穴を広げる原因にもなります。一度できてしまうとどんどん硬く大きくなり、除去が困難になってきます。早めのケアが必要です。

ニキビケア、毛穴ケア

はがすタイプのシートパックは、あまりお勧めできません。刺激が強すぎるだけでなく、必要な皮脂や角質まで除去してしまうことで、かえって皮脂分泌が活発になったり、炎症を起こす原因となったりするからです。

それだけでなく、無理やり角栓を取ってしまうと、毛穴が開きっぱなしになって「細菌が入りやすくなる」「皮脂がたまりやすくなる」などのデメリットも考えられます。まずは適切な洗顔と、保湿を心がけましょう。

毛穴の開きや黒ずみの原因は、過剰な皮脂分泌とターンオーバーの乱れによるところが大きく、解消するには、まず「洗顔」と「保湿」、ということができます。こうして見ると、毛穴ケアとニキビケアはイコールということがわかりますね。