手足が冷えるだけではない「冷え性」

夏でも手足が冷たい、靴下を履かないと足が冷えて眠れない。
季節に関係なく「冷え」に悩まされる女性が増えています。

オフィスやデパートなど、空調完備の場所が多い上に、
温度設定が暑がりでスーツスタイルの男性に合わせて低めだったりするので、
ひざ掛けやストールが手放せないという人も多いでしょう。
ファッション誌を見ても、「夏のお出かけのときは温度調整のために羽織ものを持つと安心」などと勧めているくらいです。

女性の場合、手足だけでなく、「下腹部」の冷えにも要注意です。
下腹部には女性にとって大切な子宮や卵巣をはじめとして、さまざまな臓器が収まっています。
ただでさえ、これらの臓器に圧迫されることで血流が悪くなりがち。

それだけでなく、女性の下腹部にたまりやすい脂肪も問題なのです。
一見、脂肪のついた下腹部は、「守られている」ような印象を与えますが、実は逆。
脂肪は一度冷えると温まりにくい上に、熱を通しにくいという特性があります。
夏でも、お腹を触るとひんやりしていたり、トイレで自分の体から出る尿を温かく感じたことがありませんか?
これも冷えのサインなのです。

こうした「冷え性」も、ニキビの原因となることがあります。
血行が悪くなると、血流が末端まで届きにくくなり、手足が冷えるのですが、
肌の表面の毛細血管にも同様の現象が起こります。
表皮にまで栄養が行き届かなくなると、皮膚のターンオーバーのサイクルが乱れ、
本来はがれおちるべき角質層がどんどん厚くなっていきます。
その結果、汚れや皮脂が毛穴につまりがちになり、ニキビができやすくなるのです。

「冷えは万病のもと」といわれ、美容だけでなく健康にも影響を及ぼします。
そもそも、女性は熱を作りだす筋肉量が少ないため、男性よりも冷え性になりやすいのですが、
それだけではありません。

貧血や女性ホルモンの作用、生理など、体が冷えやすい条件をいくつも持っているのです。
温熱療法が効果的といわれるのはこのためです。
体を温めることで、健康状態だけでなく、肌荒れやニキビの改善も期待できます。
ぜひ取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です