ニキビになりやすい食事とは?

食事

思い出してみてください。

焼き肉をたくさん食べた翌日。
ストレス解消と称し、スイーツバイキングで生クリームたっぷりのケーキをお腹一杯食べた時。
なんとなく、肌が脂っぽいと感じたことはありませんか?

 

肉類

肉や乳製品を摂りすぎると、過剰に皮脂が分泌されます。
その結果、毛穴が開き気味になり、汚れがたまって詰まりやすくなってしまいます。
この皮脂を餌にして繁殖するのが、ニキビの原因の一つといわれるアクネ菌です。
アクネ菌は、普段から人間の皮膚に存在する常在菌ですが、
増えすぎると、詰まった毛穴の中で炎症を起こします。
特に赤ニキビを作るといわれているのです。

だからといって、肉や乳製品を絶てばいいというわけでもありません。
人間の体を構成するのに必要な三大栄養素のひとつであるたんぱく質は、
肉や乳製品に多く含まれています。
特に、牛すじや豚足、鶏の手羽などには、美肌成分であるコラーゲンも豊富。
適量をバランスよく摂ることは、ニキビ対策だけでなく、体の健康を保つために必要です。

 

ナッツ類

肌によくない食べ物として挙げられるナッツ類。
実は栄養価が高く、特に良質な植物性たんぱく質や食物繊維が豊富。
体内で生成できない不飽和脂肪酸も含まれています。
ナッツ類そのものは、むしろ美容・健康によい食べ物と言えるでしょう。

よくないといわれるのは、カロリーが高く、少量で摂りすぎになってしまうことや
加工されているナッツ類に使用されている塩分や油分のことなのです。
チョコレートも同様です。
良質なカカオを使ったものは栄養価が高いのですが、
お菓子として市販されているものは、糖分が多いため、控えめにした方がよいでしょう。

炭水化物は、三大栄養素のひとつであり、重要なエネルギー源です。
でも、やはり摂りすぎるとニキビにはよくないといわれています。
体内で分解されて糖分から脂分へと変わる際に、余剰分が皮脂として分泌されるからです。

特定の食べ物の「摂りすぎ・摂らなさすぎ」は、肌だけでなく体全体の健康に関わってきます。
焼き肉をたくさん食べるときは、野菜も合わせて摂るなど、バランスを考えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です