コメドはニキビの前段階

小鼻や頬に特に目立つ白いポツポツ…洗顔だけではとれない、目ざわりな角栓(コメド)。
角栓のできるしくみや原因については、これまで説明してきたとおりです。
角栓を作らないようにすることが、美肌作り・ニキビ対策の第一歩。
ここでは、角栓についてもう少し詳しく見てみましょう。

「イチゴ鼻」ってご存知ですか?

特に皮脂分泌の活発な男性がなりやすいのですが、
鼻の毛穴に詰まった皮脂が酸化して、黒くなった状態を「イチゴ鼻」と言います。
鼻は顔の中でももっとも毛穴の多い部分です。

その分毛穴づまりも起こりやすく、こうなってしまうと、見た目が悪いだけではありません。
押し広げられた毛穴は、角栓を取り去っても元に戻らず、鼻が穴だらけになってしまうこともあるのです。
開ききった毛穴は、当然新たに皮脂がたまりやすいだけでなく、外部からの刺激も受けやすくなります。

また、毛穴がふさがってしまうと、内部で皮脂がたまりやすくなる、
ニキビができやすくなることも忘れてはいけません。
角栓も、皮脂の状態によって白ニキビ、黒ニキビと呼ばれる、立派なニキビの前段階です。

コメドを隠す

こうした角栓をカバーしようとして、ファンデーションやコンシーラーを厚塗りするのは逆効果。
角栓は毛穴に皮脂が詰まることでできるのです。
その上から化粧品をつけてしまうと、ますます角栓が大きく、目立つようになってしまいます。
イチゴの表面に、コンデンスミルクをつけたところを想像して見てください。
イチゴのツブツブが余計はっきりわかりますよね?

コメドのケア

できてしまった角栓を放っておくと、どんどん硬く大きくなり、取れにくくなります。
まずは、毛穴に皮脂を詰まらせないよう、日頃のケアをしっかりすべきです。
できてしまったら速やかに除去しましょう。

手軽に角栓が取れるということで、シートパックは根強い人気があります。
でも、肌へのダメージを考えるとあまりお勧めできません。
使うのは10日に1度くらいにしましょう。

パック

塗って洗い流すタイプのパックは、刺激が少ないので日常使いに向いています。
毛穴の周りに圧をかけて角栓を押し出すスティックは、毛穴を充分開かせてから使いましょう。
くれぐれも力をいれすぎないように!

最近は、角栓ケアに特化した化粧品も数多く出ています。
チェックしてみるのもいいですよ。

関連記事

ページ上部へ戻る