アクネ菌は悪者?

ニキビができる原因のひとつであるアクネ菌。
ニキビ用化粧品や治療薬のCMでは、アクネ菌を除去することでニキビを治す、と謳っていますが
実は、アクネ菌は皮膚の常在菌のひとつなのです。
毛包の根元の部分に存在し、皮膚を弱酸性に保つ働きがあり、外部からの最近の侵入や繁殖を防いでいます。

このアクネ菌は、皮脂を好み、酸素を嫌うという性質を持っています。
日頃は肌の健康のために大切な役割を果たしているのですが、ひとたび毛穴が詰まってしまうとその性質が悪い方に働きます。
皮脂と角質が混ざり合った角栓(コメド)が毛穴をふさいでしまうと、皮脂は出口を失って毛穴の中にたまっていきます。
アクネ菌は皮脂を餌にしてどんどん増えていき、遊離脂肪酸という腐った脂をつくりだし、これが炎症を起こして赤ニキビとなるのです。
ですが、アクネ菌を除去すればニキビが治るというわけでもありません。
アクネ菌は、正常な状態であればむしろ肌に必要なもの。
アクネ菌だけがニキビの原因ではないのです。

ニキビ対策として注意すべきは、アクネ菌の増殖を防ぐこと、餌となる皮脂のコントロールです。
食生活の偏りは、質の悪い脂のもととなりますので、あわせて見直すことも必要です。
アクネ菌対策と言えば、もっとも効果的なのはやはり洗顔で清潔を保つことですが、
ただ皮脂をとればよいというものではありません。
皮脂をとりすぎてしまうと、乾燥から守るためにかえって皮脂分泌が活発になってしまいます。

洗い過ぎも注意が必要です。
洗いすぎで皮膚のバリア機能が損なわれ、肌荒れや炎症、化膿を引き起こすこともあるのです。
また、角栓を除去しようとしてゴシゴシ洗ったり、スクラブ入りの洗顔料を使ったりすると、皮膚を傷つける恐れがあります。
すでにニキビができているなら、なおのこと刺激を与えないようなケアをするべきです。
特に、肌の弱い人にはニキビ用の殺菌作用がある石鹸もお勧めできません。

ある程度の皮脂は肌の保護のために必要です。
洗顔後、顔がつっぱるようであれば皮脂の取りすぎと言えるでしょう。
アクネ菌をやみくもに悪者扱いするのではなく、正常な肌環境を保つようなケアを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です