ニキビをカバーするメイク法

ニキビができているけれど、メイクをしないわけにもいかない。
隠そうとしてつい厚塗りになってしまったり、ニキビが悪化するのではないかと心配になったり…。
あるいは、ニキビによくないからとメイクをしない人もいます。
しかし、適切なメイクをすれば敏感になっている肌の保護にもなりますし、ちょっとしたテクニックで肌に負担をかけることなくニキビやニキビ跡はカバーできるのです。

炎症を起こしている赤ニキビや、化膿している黄ニキビは、メイクで隠すよりも治療をするべきですが、一時的にカバーするのであればコンシーラーを使いましょう。肌色よりワントーン暗い色がおすすめです。ニキビの上に、指か綿棒で乗せて周囲をトントンと叩いてなじませます。ニキビの中心はさわらないのがポイント。カバーできたらフェイスパウダーで仕上げます。
ニキビによる肌の赤みを消すには、イエローのコントロールカラーがいいでしょう。

ファンデーションは油分の多いクリームタイプや、乾燥しやすいパウダータイプよりリキッドタイプがなじみやすく、コンシーラーと併用することでニキビをカバーできます。
ニキビ跡が気になる方も同様ですが、化粧下地にパールやラメの入っているものは、光が当たったときに乱反射効果で視線をそらす効果があります。仕上げのフェイスパウダーにパール入りのものを使ってもいいでしょう。

ファンデーションは適量を顔の中心から外側に向かって伸ばします。たくさんつければその分カバー力がアップするというわけではありません。スポンジを使うとつきすぎが防げますが、刺激が気になる場合は指でも大丈夫です。

また、ニキビ専用化粧品の中には、スキンケアだけでなくメイクアップアイテムを揃えているところもあります。ニキビの赤みや肌のデコボコをカバーする化粧下地や、肌の色ムラを均一に整えるファンデーションなど、ケアしながら肌をキレイに見せてくれるので、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です